ゴミ屋敷を今から片付けよう。

ゴミ屋敷の問題点

数年前、マスコミで立て続けに問題視されたのがゴミ屋敷です。
今も取り立たされてないだけでその問題が全国の至るところで問題になっているはずです。
このゴミ屋敷は様々な視点から問題視されているのです。
まずは、ゴミ屋敷に住んでいる住民の健康状態です。
害虫の棲家となるケースも多く不衛生です。
また、積み重なったゴミが倒れてくることも想定されます。
このように、住民が病気や怪我に合う可能性が高いのです。
次に、近所の迷惑になるという問題です。
街の景観やイメージを崩してしまうのはもちろん、悪臭の原因になったり蚊やシロアリ・ハエ・ゴキブリといった害虫の棲家となり周辺にも危害を及ぼすことが考えられます。
そのような問題がありながら、行政が手を出せないという問題もあります。
いくら危険視されようとも、ゴミ屋敷は個人の所有物なのです。
簡単に行政が手を出すことは法律的に許されるものではありません。
そのため、ゴミ屋敷を解決させるにはその住人との話し合いが重要不可欠なものなのです。