ゴミ屋敷を今から片付けよう。

不要品回収で社会貢献

今 世の中は 断捨離ブームで 物を処分する人がとても多くなっている。
私の周りも
殆んどの人が 多かれ少なかれ 何らかの形で 断捨離進行中である。
沢山でてくる不要品 それをどういう形で不要品回収してもらうか それが大いに問題だと感じている。
思いっきりのいい人は 「ゴミ袋に10袋は お洋服捨てたわ」などと言っているが 充分に着れる洋服を ゴミとして出してしまうのは 私は 抵抗があるし 物に対しても
失礼だし だいいち もったいなくて そんなことは出来ない性分で、できるだけ
リサイクルに出して 次の持ち主を探すようにするのが 一度はその物の所有者となった者の務めではないかと 思っている。
不要品回収します という業者さんが
時々車で 家の前を通りかかる 二束三文でテレビを以前引き取ってもらったことがあるがどこか にリサイクルされるのであれば 御の字だし 部品取りに使われるとしても
それも使命を真っ当したということで 喜ばしいことである。
以前チャリティーの盛んな
イギリスで OXFAM という組織が 経営しているリサイクルショップでお買い物をしたが 丁寧に並べられた品物は皆寄付されたもので 売上がチャリティーとして 必要な人々に回る 大変理想的なシステムになっている。
イギリスの中には沢山の支店があり生活に密着したお店として 有名なこのシステムが日本にも 根付いてほしいと願っている。
資源の節約という点においても とにかくゴミには出さず 資源回収に回してほしいと 行政でもしっかり告知してほしいと思う今日この頃である。