ゴミ屋敷を今から片付けよう。

ゴミ屋敷は社会問題

ゴミ屋敷は住宅街などで見かけることがあります。色々なパターンがありますが、社会的に問題視されているケースは家主が自らゴミを自宅に集めることです。家主が自宅にゴミを集めることで、近所にも迷惑をかけることがあります。ゴミには昆虫などが住み着いていることがあり、それによって昆虫が増えたり、それによってねずみが繁殖したりと色々な問題が出てきます。また、ゴミがたまることでタバコのポイ捨てなどから火事になることもあります。このように、ゴミ屋敷は社会的にも大きな問題なのです。
ゴミ屋敷の周辺に住んでいる人にとっては、とても大きな迷惑であり、毎日の生活の中でも不安になることが多くなります。いつ火事になってもおかしくないので、常に緊張状態が続いてしまいます。また、ゴミの影響で昆虫が寄ってきたりと、清潔感も大きな問題点です。
ゴミを集める家主と、周辺の住民の間でトラブルになることも多いものです。周辺の住民にとっては、ゴミを自宅に集める異常な行動を理解できないものです。そのため、ゴミの収集を止めるように訴えたりと、家主との間でトラブルになることがあります。
家が密集している住宅街などでは特に危険な状態であり、社会問題としても何とか解決をしなければなりません。